二ノ国で童心に返ることが出来ました

水曜日 , 25, 10月 2017 二ノ国で童心に返ることが出来ました はコメントを受け付けていません。

最近のRPGは、従来のベタなRPGと違って、操作性やシステムが難解になってきた気がします。「
たたかう」、「まほう」、「アイテム」、みたいなコマンドだけならいいのですが、他にもいろんな要素が加わっているでしょ。
これがねえ、私にはどうも合っていないんですよね。
ですからプレステ2以降は、ほとんどRPGをプレイしてきませんでした。
そんな中、二ノ国というゲームの存在を知り、興味を持つようになったのですが、コレはめちゃくちゃ面白かったですねえ。
何が面白いって、この二ノ国、なんとあのジブリが製作にかかわっており、世界観は子供の頃に見たジブリ映画そのものなんです。
久しぶりに童心に返ることができ、なんだかちょっと若返った気さえしています(笑)。
誰しも、大人になるにしたがって、だんだんと子供の頃の気持ちを忘れていってしまいますよね。
そういう意味では、大人にこそプレイしていただきたい、素晴らしいゲームだと思いますよ。
いや、個人的には、ゲームの枠組みを超えて、なんというか映画や小説のような文化的な側面も備わっているように感じられます。
また、冒頭で述べたような操作性やシステムにおいても、非常にシンプルな作りになっているので、”最近のRPG嫌い”の私でも全く問題なくプレイすることが出来ました。
なんというか、老若男女を問わず、幅広い世代に受け入れられるゲームのような気がしますねえ。
というわけで今後は、こういったシンプルながら童心に返れるようなRPGが作られていく事を切に願っております。